外国人介護人材のすすめ

外国人介護人材のすすめ

介護業界では2025年度に約55万人の介護職員不足が見込まれています。介護職員の採用は医療福祉事業経営の最優先課題となっています。このコラムでは介護現場で外国人を採用する3つのメリットをご紹介させて頂きます。

仕事意欲の高さと真面目な性格

兄弟が多く大家族で、決して楽な暮らしをしていない方々が懸命に日本語や介護を勉強し、日本にやってきます。「家計を助けたい」「家族のために家を建てたい」のような明確な目標を持っているため、ルールを守って一生懸命に働きます。そのような意思と希望をもった外国人スタッフは日本人も顔負けするような誠実さで、生き生きとした働き方をしてくれます。

介護職に適した国民性

ミャンマーやフィリピンなどの人達は国民性が介護業界に適しているという事も魅力的なメリットです。これらの地域の外国の人々は明るく朗らかで、ホスピタリティが高いという性格的傾向が見られ、介護業界に向いているといえます。真面目な方も多いので日本人の気風に合いやすいともいえます。ご利用者様とのコミュニケーションについても、あえて異文化に触れてもらい、持ち前の明るさでご利用者様に楽しんで頂く事ができます。イベントやレクリエーション等についても日本人だけの職場では出来ない取り組みも可能になります。

勤務シフトが組みやすくなる

曜日限定や短時間勤務のパート職員の都合に合わせて毎月シフトを組むのは至難の業。調整も含めて拠点長には大変な作業で時間・労力ともにかかります。外国人の皆さんは前述の通り異国の日本で確かな目的をもって働いています。収入を増やしたいため積極的に夜勤に入ってくれますし、お休みも取りたがりません。曜日もほぼ関係なく、仕事優先でシフトを組めるので、管理者の方の負担は大幅に減少します。

外国人スタッフが勤務する拠点長へのインタビュー

介護職外国人へのインタビュー

外国人介護スタッフの採用に興味がある人事担当者様へ

「カイゴのお仕事静岡」では「外国人を採用したい法人」と「日本で働きたい外国人」をマッチングさせる人材紹介サービスをご用意させて頂いております。以下よりお気軽にお問合せ下さい。

外国人介護スタッフの採用についてのお問合せはこちら

関連記事
関連求人 Relation